【健康経営優良法人2019】に認定されました

私たちアスカ総合事務所は健康経営優良法人2019に認定されました!!


健康経営優良法人とは?

「健康経営優良法人」の認定制度は、経済産業省が始めた取り組みで、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目指しています。

私たちの事務所では、健康診断受診率が100%であり、朝礼のとき全員で軽いストレッチをしたり、アルコールスプレーを社内に設置するなどの取り組みをしています。

<詳しい認定基準はこちらから>

これだけで、社員全員の健康を維持していけるとは思いませんが、この活動をすることで社員1人1人の健康に対する意識が上がり、組織の一体感が高まるのです。

健康経営優良法人って、あくまで「マーク」にすぎませんが、
「私たちの会社は従業員の働き方やライフスタイルに対してしっかりコミットするよ!」
という姿勢を証明するひとつの手段として、 「健康経営優良法人」の認定制度の認知が高まっていくのではないかと感じています。

アスカ総合事務所 遠藤 樹





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。