レジ袋の有料化


大手スーパーなどでは、既に導入されているレジ袋の有料化。買い物に行くときは、エコバックを持参というのが当たり前になってきています。

今年の7月から小売業者に対してもレジ袋の有料化が始まります。
これは、「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」(以下「容器包装リサイクル法」といいます。)を根拠としており、プラスチック製買い物袋を有料で提供することにより、プラスチック製買い物袋の排出抑制を促進するためです。

この場合の「小売業者」とは、主たる業務が小売業でない事業者。美容院で、シャンプーを購入する場合や卸売業者がショッピングモールで販売するという場合も該当します。
ただし、フリーマーケットへの出品のような、事業として行われるものでない場合は対象外になります。

また、対象となる買い物袋とは、「消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買い物袋」です。

食品売り場で、野菜などを入れる持ち手のない袋や衣類などの承認を保護するための持ち手のない袋は対象外です。さらに、消費者が辞退することができない袋。例えば、調剤された薬袋、陳列の時点で袋詰めになっている場合の袋などは、有料化の対象外です。

さらに、持ち手のあるプラスチック製の袋であっても、①プラスチックフィルムの厚さが50㎛以上のもの②海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの③バイオマス素材の配合率が25%以上のもの以上のものは、いずれも有料化の対象外となります。
これらの袋には、それぞれに有料化対象外となる記載や記号が表示される必要があります。

今、お土産用のお菓子メーカーなどは、販売促進費をかけて、有料化の対象外となる袋に転換をしているようです。

来月以降、レジ袋が無料だった場合、どういった袋なのか記載や記号を確認してみてはいかがでしょうか。

アスカ総合事務所 武知

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

風待月の頃

次の記事

オッカムの剃刀