アレチヌスビトハギ

全ての草木を愛する、当事務所の原田の作品です。

「荒地盗人萩」。

おだやかではない和名を持つ草です。

日本の秋の風情を十分持っていると思う(あくまで個人の感想です)のですが、

「アレチ〇〇〇〇」の名からも分かるように北アメリカからやってきた帰化植物。

いわゆる「ひっつき虫」の種を使って大繁殖した、したたかな植物です。

「ひっつき虫」として厄介者とされていますが、
鞘はマメ科らしく、かわいらしい様子です。

在来種「ヌスビトハギ」との簡単な見分け方は、

実の節の数。

アレチヌスビトハギは、3~6つ(写真は4節)

ヌスビトハギは、2つ

ちなみに、秋の七草のハギ(ヤマハギ)は、1つ

調べてみると、

花言葉は「略奪愛」。

やはり、おだやかではありませんね(笑)。

( H.Ito)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。