≪どくだみ≫

地下茎が伸びてどこにでも顔を出す白い花です。その名前からあまり見向きされませんが

漢方薬では、レギュラー的存在です。胃腸薬や食あたり、吹き出物の生薬として使われています。

同じ「ドクダミ科」に属する”半夏生”は、その名前からも注目されるのに、ドクダミは雑草あつかいされています。

しかし、初夏から夏期まで、その可憐な白い花を付けていますので、ドクダミにも視線を向けてやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。