労働保険ってご存知ですか? 新しく社会に出られる皆さん、従業員を雇用される事業主の方へ

労働保険とは? ・・・  労災保険と雇用保険を合わせて言う総称です。。
労災保険についてご説明します。

労災保険とは・・・
労働者災害補償保険のことです。  従業員を一人でも雇っている事業所が加入します。

従業員は
労災保険料を負担しないので、労災保険に加入しているのか知らない人もいますが、仕事・通勤途中のケガや病気の治療費や、会社を休んだり障害になったりしても手厚い保険の給付が受けられます。
労働者保護の法律によって加入する保険です。

安心して仕事ができますね。

事業所は
従業員が業務上負傷又は病気にかかった場合は、療養の補償と費用の負担をしなければならないと労働基準法に定められています。

その補償に予想外の金額を支払わなければならないこともあり経営に大きなダメージを与えかねませんが、労災保険に加入していれば国が治療費や補償費を支払ってくれるので安心です。

会社も守られていることになります。

事業所は
労災保険料の負担をしますので、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間(保険年度といいます)を単位として事業主が保険年度ごとに概算保険料を納付し、保険年度末に労働者の賃金が確定したあとに清算します。
つまり、前年度の保険料を清算するための確定保険料の申告・納付と、新年度の概算保険料を納付するための申告・納付の手続きを「労働保険年度更新」といいまして、毎年6月1日から7月10日までの間に申告と保険料の納付をします。

労働基準法で加入が義務付けられている労働保険です。
申告までにはまだ時間がありますが、押さえておくポイント等ありますのでお気軽にご相談ください。

アスカ総合事務所  黒島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。